このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2013年08月09日

健康食品を多種類併用してアトピーが悪化し元の木阿弥となったケース

KSC_2411
KSC_2411 posted by (C)ボクチンの母

 過去、病院治療で治らず皮膚もひどく黒ずんで当方の漢方薬を続けること一年以上であと一歩、見かけはかなり改善したものの、折々に生じる痒みが完全には取れ切れない。
 真面目に通って来られていた人が、最近来られなくなったな〜と思っていた矢先、最近急に調子が悪く悪化する一方だという連絡が入る。

 しばらく通って来られられてないので、必要な微調整は直接来られないと難しいので無理をおしてでも来られるように伝えておいたところ、事情を聞けば一ヶ月間、四種類の健康食品を利用していたとのこと。

 次第に悪化して来たので購入店で相談したところ、案の定「それは好転反応で毒素が出て行く反応だからしっかり頑張って続けるように」というトンでもないアドバイスを受けて鵜呑みにしていた模様。

 せっかく漢方薬でもう一歩のところまで改善していたのに、もっと早く治したいと健康食品店に駆け込んだというお粗末。
 見るも無惨にほとんど完全にも元の木阿弥状態に舞い戻ってしまっている。

 漢方薬よりも高価な健康食品を4種類も、口から入れるものに対して極めて敏感なアトピー性皮膚炎に、素人のアトピー患者さんが素人の販売業者からアトピーに効果がある?!サプリメントあるいは健康食品と奨められて購入し、悪化すれば、決まり文句の「好転反応」と嘯く。

 漢方薬でさえ過去40年間の経験では、本物の好転反応に遭遇したのは僅か2〜3名に過ぎないというのに、そうそう好転反応が生じるはずも無い。
 ましてやサプリメントや健康食品である。
 そのほとんどは体質に合わないための悪化っ!であることを銘記すべきである。

2006年3月23日のボクチン(1歳半)
2006年3月23日のボクチン(1歳半) posted by (C)ボクチンの母

 
posted by ヒゲジジイ at 07:27| 山口 ☁| アトピーを悪化させる食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする