このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2016年05月01日

家族に勧められて渋々来るような熱意のない人はお断り

2010年05月01日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳)
2010年05月01日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳) posted by (C)ボクチンの母

 これまで多数の重症アトピーの人達が9割以上の安定した寛解を得て、社会復帰されたものだが、いずれもご本人の熱意と根気があったからである。

 ご本人の自覚が必須であることは当然のことながら、こちらも相当な労力と多くの時間を費やして、繰り返しの細かなアドバイスが必要で、こちらの負担もかなりなものとなる。

 それだけに、好い加減な気持ちで来られても、ステロイド漬けになって、更にはステロイドの内服まで常用されているような人達では、数年がかりになると伝えただけでも、恐れをなしたか、1〜2回来られただけで無音となった人がいる。

 こちらは無駄な時間を浪費したと、やや腹立たしく感じるのは、本人みずからの意志の熱意で遠路はるばる通われている人達に費やすべき時間を奪われているからである。

 同様に、家族に勧められて、渋々来られるような人こそ、もってのほかで、当方に来られる資格は無い。
 本人が本気でなければ、季節的な変化に応じた微調整のコツなど、いつまで経っても習得しようとされず、愚痴ばかりを聞かされても、話にならない。

 他の疾患と異なって、アトピー性皮膚炎は極めてデリケートだから、アトピーで苦しむご本人自身が主治医になるくらいの自覚が必要である。そのためには、こちらが細々説明し伝授する漢方薬のピントの合わせ方や、微調整の方法を一定レベルまでは習得してもらう必要がある。

 本気でない人間は、どんなに頭がよくても、いつまでも習得されず、そのような人に限って、本人みずからが望んで当方に来られたわけではなく、家族に勧められて、渋々来られたというケースであった。
 
 だから昨今では、家族の勧めで来られたような消極的な人達は、すべてお断りしている。

 たまには、応援のクリックをお願いします⇒ 

2011年05月01日の茶トラのボクチン(ほとんど7歳)
2011年05月01日の茶トラのボクチン(ほとんど7歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年05月01日の茶トラのボクチン(ほとんど7歳)
2011年05月01日の茶トラのボクチン(ほとんど7歳) posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲジジイ at 01:17| 山口 | アトピーの漢方相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする