このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2012年07月22日

アトピーの漢方治療では臨機応変の配合比率や配合内容の変更が必須である理由

IMG_4682
IMG_4682 posted by (C)ヒゲジジイ

 アトピー性皮膚炎の漢方治療では、他の疾患とは比べ物にならなほど、時宜にかなった配合変化が必須となる。

 季節に応じた配合変化では、湿気の多い梅雨時前後には湿邪を除去する配合比率が高まり、地黄や麦門冬のような滋潤薬を控えめにするなど。
 空気の乾燥する秋冬では梅雨時とは逆の配慮が必要となる。

 女性では生理中の配合と生理が終わった後の排卵日までで微妙に配合が異なり、排卵日以降の高温期には清熱剤の増強が必要となるケースが多く、生理がはじまると総じて清熱剤の重点は軽減され、極端な例では生理中は温補剤主体の配合が必須となったケースもある。

 また、一日のうちでも昨今のような猛暑がはじまる季節では、職場環境で冷房が強いなどの環境下では、朝と昼と夜の漢方薬の服用内容を変化させる必要があることも珍しくない。
 すなわち身体を冷やし過ぎる職場では、清熱剤を控えめにするか、あるいは昼間だけはクーラー病にしばしば使用される葛根湯や藿香正気散(かっこうしょうきさん)を一時的に併用するなど。

 実際にはもっともっと臨機応変に配合変化の必要が生じる場合が折々にあるのだが、人によっては運よくそれほどの配合変化をあまり必要としないこともあるが、そのような例は少数である。

 このような面倒な配合の微調整の繰り返しを時間をかけた繰り返しのアドバイスによって、ご本人みずから臨機応変の配合変化の法則をマスターせざるを得ないので、結局は9割以上の寛解が得られるのである。
IMG_4911
IMG_4911 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 08:35| 山口 ☀| アトピー漢方治療で必須の配合変化のタイミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする