このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2014年11月05日

不思議と(本当は不思議ではないのだが)、肝胆系と腎膀胱系の漢方薬が主体の配合となる

2009年11月05日のボクチン(5歳)
2009年11月05日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 村田漢方堂薬局では、アトピー性皮膚炎の体質や病状の如何に関わらず、不思議と肝胆系と腎膀胱系の漢方薬が主体の配合となっている。

 本当は、不思議でもなんでもないのだが、結果的に、こられ重要な肝胆系と腎膀胱系を正常化するお陰で、現代医学でいう、肝臓や腎臓などに問題がある場合でも、正常化されることは当然である。

 これらのことは、特筆しておく価値があるように思われる。

 応援のクリックをお願いします⇒ にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

2009年11月05日のボクチン(5歳)
2009年11月05日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年11月05日のボクチン(7歳)
2011年11月05日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母



posted by ヒゲジジイ at 07:13| 山口 ☀| アトピーの漢方相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする