このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2014年11月14日

ステロイド外用剤が不要になると冷え性や寒がりがなくなった

2008年11月14日のボクチン(4歳)
2008年11月14日のボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 20年間くらい常用していたステロイド外用剤。
 当方の漢方薬で微調整を繰り返しながら2年以上、いつの間にか、ステロイド外用剤を使用する頻度が激減した。
 
 昨今では滅多に使用する必要がなくなって、あれほど寒がりで冷え性であったものが、いつの間にか今年の夏は人一倍暑がりとなり、恐怖のエアコンが、ほとんど苦にならなくなったと不思議がる人がいた。

 ステロイド剤は、中医学的に分析すれば、少なくとも強烈な寒冷薬の最たるものといっても過言ではないだろう。だから、これが不要になるにつれ、本来の熱証体質が前面に出てきたということだろう。

 このような人に、アトピーは冷えが原因などと妄想して、温熱薬を与えると、ロクなことはない。

 翻って、昨今、都会から通って来られている人に、附子剤や玉屏風散製剤などを主体に運用して好転しているが、ステロイド外用剤を毎日塗布しているのが原因であろうことは、想像に難くない。

 いずれ、ステロイドが不要になる頃には、おそらく附子剤も不要になることだろう。

 それゆえ、アトピーは冷えが原因などと決め付ける風潮があるようだが、ほとんど妄想に過ぎないことが分かるだろう。

 ステロイドの過剰使用により、寒証を呈することは、大いにあり得ることだろうが、だからといって、「アトピーは冷えが原因」などと、口が避けても言えるはずがないのである。

 応援のクリックをお願いします⇒ 

2010年11月14日のボクチン(6歳)
2010年11月14日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年11月14日のボクチン(7歳)
2011年11月14日のボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年11月14日のボクチン(7歳)
2011年11月14日のボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 23:19| 山口 ☀| ステロイド外用剤の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする