このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2015年09月04日

悪化したアトピー性皮膚炎でも、僅か1方剤だけでも、劇的に改善が得られることもある

2010年9月4日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月4日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 仕事が忙しくてなかなか通って来れなくなっていた女性が、久しぶりにやって来られて驚いた。
 これほど美人だったのかと驚いたからである。

 激務と精神的なストレスが重なって、さらにはまずいことに食事の不摂生は悲劇的。
 急速に悪化したというのも当然で、すべてに悪化条件が揃っていた。

 ところが、今回ばかりはどうしても通えないというので、止むを得ず詳細を報告してもらった。
 その悪化した症状に合わせるために、これまでの漢方薬をすべて中止してもらって、新たな1方剤だけで様子を見てもらったところ、僅か1週間でみるみる好転。
 1ヵ月後にようやく来られる時間が取れたので、久しぶりにやって来られたのだった。

 春頃までは従来の5種類くらいの配合で、まあまあの状態を維持していたのが、春先以降に次第に悪化して、夏前には悪化が頂点に達していたのである。

 症状が悪化しているからといって、多種類の方剤が必要とは限らず、たまには却ってシンプルな方剤だけで、劇的に改善することもあるので、これが漢方薬の難しいところでもある。

 たまには、応援のクリックをお願いします⇒ 

2011年9月4日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年9月4日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 22:39| 山口 ☀| 短期間で7割以上の寛解例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする