このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2015年10月05日

アトピーの重症者では数ヶ月間以上の微調整の苦労の連続は一般的だが、軽症者は本気で通う覚悟さえあれば、やはり楽勝になりやすい

2015年10月05日のシロちゃん(メス2歳)
2015年10月05日のシロちゃん(メス2歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 重症者では初期の数ヶ月は、日々、微調整の連続であっても、遠来者は地元で長期間治らなかった人達だけに、却って忍耐力がついている。

 遠路はるばる来られながらも、繰り返しの微調整に耐え抜いて、ようやく数ヶ月から半年くらいの苦労がみのりはじめるのが通例。
 ほんとうにご苦労さんなことである。

 といっても、お互いの苦労は服用者もそうだが、こちらも老齢ゆえに、折々のメールの指導も相俟って、疲労困憊になることすら珍しくない(苦笑。

 ところが、軽症者では、古典的な配合がハナからフィットして、黄連解毒湯+茵蔯蒿湯だけでも、初期から安定した効果を発揮するケースもある。

 お互いにほとんど苦労することもなく、どうみてもこの配合のままで、どこまで根治に近づけるか、しばらくは微調整の必要もなく、服用を続けながら経過観察するばかりとなるケースは幸いである。

 たまには、応援のクリックをお願いします⇒ 

2015年10月05日のシロちゃん(メス2歳)
2015年10月05日のシロちゃん(メス2歳) posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 23:33| 山口 ☀| アトピーの漢方相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする