このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2014年07月24日

滲出液がなかなか止まらないとき

2010年7月24日のボクチン(6歳)
2010年7月24日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 一般論ではあるが、実際によくあるケースで、滲出液が多い人に、しばしば衛益顆粒(玉屏風散エキス製剤)や猪苓湯などの配合だけではなかなか汁が止まらないことが多い。
 そのような場合、六味丸系列の方剤などの腎陰を補う漢方薬を加えるとことで、ようやく汁を止める作用を発揮することが多い。

 その理由は、長期間、滲出液が出続けていると、腎陰が損傷され、そのために水分を調節する大本である腎が弱って、腎陰虚や腎陰陽両虚となっているため、主水の蔵である腎機能の低下により主水作用が機能不全に陥っているからである。

 それゆえ、意外にも高温多湿の季節でも、猪苓湯や衛益顆粒だけでは滲出液がなかなか止まらないことが多いのは上記の理由によるものであるから、(六味丸系列の方剤には滲出液を直接止める効果がないどころか、むしろ肌を潤す作用の強い滋潤作用の地黄が主体の配合で、六味丸系列の方剤単独で使用すれば滲出液を却って増やしかねない方剤ではあるが)、主水機能の司令塔を健全化する必要上、六味丸系列の方剤の配合が必要になることが多いのである。

 つまり、滲出液を止める作用のある猪苓湯や衛益顆粒の配合を行ってもなかなか滲出液が止まらないケースでは、長期間に亘る滲出液の漏洩により主水の蔵である腎が機能不全に落ちいりかけている可能性が高いのではないかと推測すべきなのである。

 それゆえ、六味丸系列の方剤によって主水の蔵を救済することが必須となることが多いとはいえ、、季節的な注意も必要で、湿気が多い梅雨時や真夏などでは、六味丸系列の方剤は少なめでちょうどよいことが多く、他の配合薬とのバランス上、もしも量を少しでも越してしまうと、却って逆効果になるので、配合量には細心の注意が必要となる

 ところが、このような方法でもまったく効果がない、汚濁した滲出液が大量に出続けるケースでは、高濃度の消風散に、少量の大黄牡丹皮湯の併用によらなければ止めることが出来なかったケースもあるので、中医漢方薬学の世界では、マニュアル化することが絶対にできない。

 やはり最終的には正確な弁証論治が必須となる。

 ほんの少しでも、参考になる記事だと思われましら、応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

2010年7月24日のボクチン(6歳)
2010年7月24日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年7月24日のボクチン(6歳)
2010年7月24日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲジジイ at 00:09| 山口 ☁| 汁(滲出液)が大量に流れ出るアトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

上半身の滲出液

2010年6月13日のボクチン(6歳)
2010年6月13日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

ブログへの転載の可否 : ブログ転載許可
年齢 : 30歳〜39歳の女性
ご職業 : 医療・福祉関係
簡単なご住所 : 関東地方
ご意見やご質問をどうぞ :

 村田先生いつもブログを読ませていただいております。
 私は3月から現在通っている漢方薬局で、アトピー性皮膚炎の治療を行っています。
 受診当初は舌の苔が多く、黄色い苔が付いておりました。

 体の湿を抜くということで治療を開始しましたが、途中から上半身を中心に汁が出るようになりました。
 その後、色々処方を変えていただきましたが汁が止まりません。
 舌の苔自体はきれいになってきており苔の量が減りました。
 (汁により体内の湿が出た為だろうとのことです)

 前々回の処方で衛益顆粒をいただき、汁の減少がありましたが、今回衛益顆粒からボウイオウギトウに変わったらまた汁の量が増えました。

 現在は黄連解毒湯、猪苓湯、大黄牡丹皮湯、ボウイオウギトウを飲んでいます。
 汁の量に困っております。

 状態改善のヒントになることがありましたら、教えて頂けないでしょうか?
 どうかよろしくお願いいたします。

2010年6月13日のボクチン(6歳)
2010年6月13日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

>状態改善のヒントになることがありましたら、教えて頂けないでしょうか?

 とのご質問ですが、頂いた文面にはすでに解決策をご自身が書かれているのではないでしょうか?
つまり、

>前々回の処方で衛益顆粒をいただき、汁の減少がありましたが、今回衛益顆粒からボウイオウギトウに変わったらまた汁の量が増えました。

 ということですから、防已黄耆湯を中止して、衛益顆粒に戻すべし、ということではないでしょうか?
取り急ぎ、お返事まで。

2010年6月13日のボクチン(6歳)
2010年6月13日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

折り返し頂いたメール:

早速の返信ありがとうございました。
確かに自分で解決策を出していましたね(汗)
しばらく衛益顆粒飲み続けながらまた診ていただいている先生にも相談してみます。

ありがとうございました。
今後もブログの更新を楽しみにしております。

2012年6月13日のボクチン(8歳)
2012年6月13日のボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 17:30| 山口 ☀| 汁(滲出液)が大量に流れ出るアトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

一旦こちらの漢方で改善していた人でも、他所の漢方で却って再発したケースでは通信販売だけではほとんど無理

2011年5月8日のボクチン(7歳)
2011年5月8日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

関西地方から通信販売依頼のメール:

 お久しぶりです。●●●●です。覚えていますでしょうか?

 村田漢方堂薬局さんから他の漢方薬局にいきましたが症状が悪化してしまいました。全身からジクジクノ液がでてきてます。

 大変お恥ずかしいのですがまたお薬を送っていただけないでしょうか?

 今回は時間もなくそちらにはお伺いできません。症状がきつくつらいです。
 掻いたところから液がでてきて眠れない日々が続いています。

 どうか宜しくお願いします。

2011年5月8日のボクチン(7歳)
2011年5月8日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

 残念ながら、昨年だったか?頂いたメールに「アトピーの調子がよい」ので残った漢方薬の返品が可能かどうか?のお問い合わせがあってより、そのお返事を申し上げて以後、縁が切れたものと判断して相談カードを廃棄処分したのかどうか?探しても見当たりません。

 また、来られていたころから数年以上も経てば、アトピーは変化しやすいので同じ配合で当時と同じように改善できるとは限らないので、なおさらのこと通信販売は不可能です。

 どんなに遠方の人でも、効果が安定するまでは10日毎に一定期間通ってもらえる人でなければ、漢方相談はお断りさせて頂いています。
 ましてや変化の激しいアトピー性皮膚炎は油断がならないので、数年も途切れた人には、残念ながら通信販売でスムーズに治せるものではありません。

 そちらで通える範囲の漢方薬局を見つけられ、10日毎くらいに頻繁に通えるところでしっかり相談してみて下さい。

 繰り返しになりますが、当方では残念ながら過去の相談カードもないし、ましてやあれから数年も経てば、当時と同じ漢方薬で改善できるケースは滅多にあり得ないので、通信販売はお断りせざるを得ません。

 お役に立てず、申し訳ない次第です。
 取り急ぎ、お返事まで。

2011年5月8日のボクチン(7歳)
2011年5月8日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲジジイ at 19:26| 山口 ☀| 汁(滲出液)が大量に流れ出るアトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

今年は汁(滲出液)の流出が激しいアトピーに消風散がフィットする例が目立つ

BSC_3143
BSC_3143 posted by (C)ヒゲジジイ

 滲出液が大量に流出するアトピーに、これまでは消風散が適応する例は少なかった。
 衛益顆粒(玉屏風散エキス製剤)を主体に猪苓湯と六味丸の三者を併用してはじめて治すことが可能となる例が多く、消風散が適応する例は少数派であった。

 ところが今年になって、消風散が必須となる例がかなり増えている。
 中には以前、全身から流れ出る滲出液を衛益顆粒と猪苓湯に六味丸の併用で速効を得ていた人が、社会復帰を果たすのが速すぎたのか、秋になってひどく再発してしまい、再度、同じ三種類を併用してもビクとも効果が出ないケースでも、消風散を主体にした配合に切り替えるとピタリと止まったケースすらある。

 また、過去から現在に至るまで、乳房付近から流出する滲出液では、消風散がフィットした例がわりに目立つ。

 もともと個人的には消風散という方剤は大嫌いな方剤であったが、昨今、頻繁に使用せざるを得ないケースがあまりに増えてくると、次第に好きな方剤になって来るから不思議である。
 大嫌いだった理由はほかでもない、アトピーであり得る燥湿寒熱虚実のあらゆる要素のほとんどすべてが配合された実に卑怯(苦笑)な方剤であり、そのために却ってこの方剤を使用するとアトピーが逆に悪化する例を多数目撃して来たからである。

 すなわち、他の方剤類で比較的順調に治りつつある人達に、消風散の研究と称して、現在の方剤に消風散を加えたらどうなるかを実験してもらって来たが、いずれの人も必ず「これは逆効果だから私には合わない」と言われ続けていたからである(苦笑。

 とはいえ、消風散がフィットする人達でも、当方での相談事例はいずれも一定レベル以上にこじれたアトピー患者さんたちばかりゆえ、清熱解毒剤や猪苓湯や茵蔯蒿湯など他方剤との併用が必須となる人達ばかりである。

BSC_3144
BSC_3144 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 20:53| 山口 ☁| 汁(滲出液)が大量に流れ出るアトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

アトピー性皮膚炎で全身から汁(滲出液)が流れ出る誘引はステロイドの乱用ばかりとは限らない

ZZZZ6140
ZZZZ6140 posted by (C)ヒゲジジイ

 アトピー性皮膚炎ではしばしば滲出液が流れ出る現象がみられるが、その多くはステロイドの乱用が原因となることは常識である。

 皮膚科医師の指示通りに塗布しているのに、突然滲出液が全身から流れ出るようになって、止めはがつかなくなって漢方相談に来られるケースが多いのは、皮膚科医師の指導間違い、いわゆる誤治であることに違いはない。

 医師の誤治や患者自身のステロイド乱用が原因で、滲出液が漏出するケースは日常茶飯事なので、いまさら驚くこともないが、最近遭遇した例では、ここ15年間はまったくステロイドを離脱し、使用していなかったにも関わらず、滲出液が大量に漏出して相談に来られたケースがあった。

 ステロイドとは無関係に全身から滲出液の激しい漏出が続く例は珍しい。

 振り返ると、その誘引は偏食を続けていたことにあるらしく、アトピーの一般的な症状とともに、次第に滲出液が伴うようになり、医師による保険漢方の投薬を受け、ツムラの越婢加朮湯を主軸とした様々な配合を続けながらも次第に増悪する一方。

 ステロイドとは無関係な状況下で、全身から激しく滲出液が漏出して不眠と体力喪失で疲労困憊の状態で来られたが、幸いにして三種類の漢方処方併用により、15日前後でほぼ完璧に滲出液が出なくなった。

 滲出液が完全に止まってこそ、これからがアトピーの完全寛解に向かって互いの根気勝負が始まるはずであるが、完全に安定するまで継続できるかどうかは本人次第。

ZZZZ6159
ZZZZ6159 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:00| Comment(0) | 汁(滲出液)が大量に流れ出るアトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする