このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2014年09月08日

メールによる御質問者が結局は、村田漢方堂薬局に通うようになった人達のその後

2010年9月8日のボクチン(6歳)
2010年9月8日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 ブログの更新をたまには、やっておかないと。
 そこで、今回はタイトルのお話。

2012年04月22日 最低でも一年以上通うつもりがおありでしょうか?

 この女性は、しばらく休職されておられ、20日毎に1年近く通いつめ、その後社会復帰して、通信販売に切り替えることができた。
 現在も、継続服用中で、8割以上の改善レベルをしっかり維持されている。

 初期には即効があったものの、生理のローテーションによって、寒熱が激しく変化するために、1ヶ月の間に3度の配合変化の繰り返しが、しばらくの間、必須であったが、1年も経たないうちに、方剤の配合変化の必要が少なくなった。

2014年06月13日 上半身の滲出液

 この女性も、結局、当方に通うことになり、微調整のアドバイスに、実に勘よく努力してもらえ、現在まで、かなり順調に経過している。
 滲出液も完全に止まって、見かけ上はとてもスッキリされている。

応援のクリックをお願いします⇒ にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

2010年9月8日のボクチン(6歳)
2010年9月8日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年9月8日のボクチン(7歳)
2011年9月8日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲジジイ at 08:35| 山口 ☁| アトピーが病院の漢方や他の漢方薬局で治らなかった人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

地元近辺のアトピー治療に失敗して下関へ通うことになった関東と関西のお2人の不思議な共時性

2010年7月8日のボクチン(6歳)
2010年7月8日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 最近の新人さんで、本日は午前中に関西から、午後は関東のいずれもアトピーの人達の不思議な共時性。
 いずれも同じ漢方薬局さんに通われていたのかと錯覚を起こす服用内容。

 いずれも深海魚を原料とした健康食品と、熊笹と朝鮮人参などが配合された液体医薬品をベースに黄連解毒湯を主体に5〜6種類の漢方製剤の併用。
 お二人とも、これらによってむしろ次第に悪化傾向が続いていたので、すべて中止してもらった。

 経費的には村田漢方堂薬局における癌サポート時と同レベルの出費。

 健康食品と熊笹に人参配合の液体医薬品は、二人ともかなり残っているので高価なものが無駄になったと口惜しがられていたが、それらもフィットしてないために徐々に悪化した可能性も高いので、残念ながら中止してもらわざるを得なかった。

 以上のことは関東と関西で、同じ時期に同年齢で同姓の人達が、同じような経過で、これこそ天の配剤による共時性と言わずして何と表現しようぞ(苦笑。

 蛇足ながら、お二人に当方で短期間で主方剤が見つかったと思われるものは、意外や意外、お一人は超珍しい葛根湯証、もう一人は知柏地黄丸証がそれぞれ基本方剤として必須のように思われた。

2012年7月8日のボクチン(8歳)
2012年7月8日のボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年7月8日のボクチン(8歳)
2012年7月8日のボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
 

 
posted by ヒゲジジイ at 21:17| 山口 ☁| アトピーが病院の漢方や他の漢方薬局で治らなかった人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

10日毎に通えない人はお断り

2008年8月21日のボクチン(4歳)
2008年8月21日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 アトピーが悪化しやすい昨今、安易な考えのお問い合わせが頻繁だが、すべてお断りしている。
 いずれも一度だけ行ってあとは通信販売でという要望や、10日毎に通うのは無理だが、というものばかり。

 それゆえ漢方相談をお受けするわけには行かない。
 最初の1ヶ月〜数ヶ月の微調整が肝腎だからである。

 すでに病院の漢方や地元の漢方専門薬局などで治らなかった人たちばかり。
 いずれも綿密な弁証論治が行われなかったに違いない。

 手間隙かけた時間をかけた詳細な漢方相談なしには、不可能。

 本気で10日毎に通って漢方薬でアトピーを改善しようと思う人達は、最初から心構えが違うから、こちらも真剣に時間をかけた綿密な弁証論治と繊細な微調整が可能となるから、おのずから結果が伴うのである。

 お問い合わせのいずれも心構えが甘過ぎるので、お断りせざるを得ないのである。

2008年8月21日のボクチン(4歳)
2008年8月21日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

2014年03月12日

意外な漢方処方が有効な例

2008年8月12日のボクチン(5歳)
2008年8月12日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 加味逍遥散などは女性のアトピーに配合処方の一角として利用されることは珍しくはないが、時に男性のアトピーにも有効な配合方剤として大活躍するケースもある。

 比較的珍しい方剤では、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)。
 これなどは40年の漢方相談において、膀胱関連の疾患に販売したことは稀で、アトピー性皮膚炎の重要な配合の一角として使用する機会が意外に多い。

 昨今では時代の傾向か、ますます使用機会が増えているのが、この清心蓮子飲でもある。

 面白いところでは柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)。
 配合中の最後の一角として、これを加えて一気にアトピーの諸症状が安定したこともある。

 上記のことから、アトピーは単なる皮膚病ではないことがわかる。

 五臓六腑が様々に関連し、個人個人によって大きく異なるので、アトピーの漢方治療をマニュアル化するおとはほとんど不可能であろう。

2008年8月15日のボクチン(5歳)
2008年8月15日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

タグ:アトピー
posted by ヒゲジジイ at 22:33| 山口 ☁| アトピーが病院の漢方や他の漢方薬局で治らなかった人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

アトピー治療時の漢方薬による好転反応とは?

2007年11月11日のボクチン(3歳)
2007年11月11日のボクチン(3歳) posted by (C)ボクチンの母

 もともと漢方薬による好転反応など、めったに生じるものではない。

 アトピー性皮膚炎を漢方薬で治療する場合、かえって痒みが増したり拡大していく場合は、そのほとんどがピントがずれた方剤が投与されている証拠だから即中止して、あらたに弁証論治をやり直して適切な配合方剤に切り替える必要がある。

 他の疾患には比べ物にならないくらいに敏感なアトピー性皮膚炎では、僅かなピントのずれでも敏感に反応して逆効果として反応する場合も珍しくないので、安易に好転反応などと楽観すべきではない。

 しばらくは頻繁な配合の微調整が必須であることを漢方薬を投与する側も患者さんも覚悟しておく必要がある。

 世の中ではアトピー治療に漢方薬を使用した場合、適切な方剤が投与されてなければ逆効果を生じることの認識があまりにも甘すぎるので、専門家であるはずの医師や薬剤師までもが安易に「好転反応」を口にし過ぎるのである。

 以下に紹介するブログには、それらの問題を大きく取り上げているので参照されたい。

2013年11月17日 投与した漢方薬でアトピーが悪化するのは好転反応だから、そのうち治るので続けるようにと説得する主治医や薬剤師のウソっ!

2007年11月11日のボクチン(3歳)
2007年11月11日のボクチン(3歳) posted by (C)ボクチンの母

タグ:好転反応
posted by ヒゲジジイ at 06:29| 山口 ☁| アトピーが病院の漢方や他の漢方薬局で治らなかった人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

成人型重症アトピー治療の漢方薬は微調整の繰り返しに納得する人達

_IGP0679
_IGP0679 posted by (C)ヒゲジジイ

 漢方メーカーのベテラン社員さんに最近言われたことには、アトピーの漢方薬に先生ほど配合の微調整を繰り返す話を他所では聞いたことがありませんよっ、といささか怪訝そうであった。

 しかしながら、一定レベル以上に悪化したアトピー性皮膚炎の人達に、最初から漢方薬の配合を固定できることは、たとえどんなにスムーズに推移する場合でもほとんどあり得ないことである。

 ところが実際に遠路はるばるやって来られている重症のアトピー性皮膚炎の男女は、数ヶ月も通わない内に、ほとんどの人が村田漢方堂薬局の繰り返しの微調整や臨機応変の配合テストに、しっかりと納得される。

 その多くの人達が各地の病院の漢方薬(その多くはツムラ漢方)や、あるいは漢方薬局で続けていた漢方薬で一時効果が出ると、そのまま配合を固定され、ぶり返すことがあっても「アトピーはそんなもんですよっ」の一言で、何の微調整をもしてもらえないままずっと同じ配合の漢方薬を続けざるを得なかったという。

 あるいは配合を変えてくれても、アトピーは冷えが原因だからと断言され、熱感に伴う掻痒をどんなに訴えても、温熱薬の投与を中止してくれないので、とうとう愛想をつかして遠路はるばる下関まで通う決心がついたという人もいる。
 
 逆に一時はアトピーに効果があった配合でも続けていると、次第に腹部が冷え込むようになったので、繰り返し主治医に訴えても配合を微調整してもらえない。

 アトピーの改善も途中から足踏み状態で、寒気と腹部の冷感が続いて不快で、とうとう転医しても同様な現象が続く。
 新しく通い始めたそのアトピーの漢方専門医師に訴えても、配合を一切変えてもらえず、とうとう愛想を突かして下関まで通うことになったという人もいる。

 こられらの人達が実際に当方に通い始められれば、これまでのところとは打って変わって微調整のコツや配合テストの繰り返しに痛く感動されるばかりでなく、速効はないまでも着実な効果を上げ始めるのは当然で、効果が停滞したり、季節的な変化にも対応できる配合の微調整を繰り返しアドバイスする意義を十分に納得されるのであった。
 
_IGP0680
_IGP0680 posted by (C)ヒゲジジイ
 
posted by ヒゲジジイ at 16:57| 山口 ☁| アトピーが病院の漢方や他の漢方薬局で治らなかった人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

アトピーが病院の漢方で治らなかった人達で最も目立つ処方は越婢加朮湯

IMGP7564
IMGP7564 posted by (C)ボクチンの母

 昨今は1年中で最もアトピーが悪化しやすい時期なので、恒例の行事の如く、アトピーの新人さんが急に増えている。
 今回も病院の保険漢方で治らずに来られた人達がこれまで飲んでいた漢方薬には一定の傾向があることを発見した。

 不思議といずれの人達もツムラの越婢加朮湯が投与されており、その併用薬は消風散だったり、荊芥連翹湯であたり、治頭瘡一方であったりサマザマ。

 なかには効果が出ないのにツムラの越婢加朮湯と荊芥連翹湯の併用を頑固に固定したまま一年間も服用し続け、ますます悪化して堪らずやって来られた人もいた。
 
 これらが保険漢方の限界かもしれないけど・・・

 日本で製造される医療用の越婢加朮湯エキス製剤の多くが、止汗作用も有する白朮(ビャクジュツ)が配合されるべきところを、発汗作用も有する蒼朮(ソウジュツ)が配合された間違った製剤が横行しているのも問題だが、滲出液の多い皮膚病には蒼朮が有効なこともあるのでこの問題は些細な部分として眼を瞑ることができても・・・

 そもそも日本の越婢加朮湯製剤の大きな問題点はツムラ漢方に限らず、多くの製剤で清熱瀉火の石膏の配合量が極端に少なく、麻黄の配合量にほとんど等しいくらいだから、麻黄の発表作用が勝ち過ぎて、越婢加朮湯としての本来の用を十分に果たせないで、却って逆効果になっているのかもしれない。

IMGP7565
IMGP7565 posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲジジイ at 01:07| 山口 ☁| アトピーが病院の漢方や他の漢方薬局で治らなかった人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする