このブログはもともと下記2つのブログで続けていたアトピー関連の記事を受け継いだものです。
古い記事はすべて下記の二つのブログを覗いて頂ければ幸いです。

アトピーの漢方:村田漢方の近況報告 アトピーの漢方:漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂

    

ご意見やご質問がありましたらこちらからどうぞっ!⇒ お問合せフォーム

成人型重症アトピー治療の漢方薬相談記録


重症アトピーの漢方薬相談販売43年の経験豊富なヒゲ薬剤師の日々の記録です。実際に村田漢方堂薬局の漢方薬に賭けてみようと思われる方は成人型重症アトピー性皮膚炎が治る漢方相談の実際を必ずお読み頂き、真に決心がついた上でご来局下さい。

2013年06月24日

アトピーの猫アレルギーに対する脱感作(減感作)療法?!

IMGP1088
IMGP1088 posted by (C)ボクチンの母

 アトピー性皮膚炎の人達のほとんどが猫にアレルギーを持っている。
 また一部の人には犬にも反応するが、猫に関してはアトピーのほとんどの人が猫アレルギーであろうと断定したくなるほどで、猫は大丈夫というアトピー患者さんにはほとんど遭遇したことがない。

 ある女性などは、飼い猫がいる友人の家に一泊したところ、猫に触ってもいないのに翌日には全身から滲出液が流れ出るほどアトピーが悪化して即入院となったことがあると話されていた。

 もちろん村田漢方堂薬局の漢方薬で8〜9割レベルの寛解状態を数年保っているが、来られた当初が重症だっただけに数年経っても漢方薬が手放せない。

 ともあれこのブログ、アトピー専門ブログというにしては、猫の写真ばかり貼るのは些か不謹慎ではないか? デリカシーに欠けるのではないかという疑問を呈される人も多いに違いない。

 しかしながら、こちらとしてはもしかして一定の減感作療法にでもならないだろうか?
 という言い訳は却下されそうであるが、まんざらあり得ないことではないと本気で思っている。

IMGP4691
IMGP4691 posted by (C)ボクチンの母
 

2012年08月27日

アトピー悪化の原因がシャンプーや石鹸・ボディーソープや茶髪であることがとても多い現実

AAAA3147
AAAA3147 posted by (C)ボクチンの母

 アトピーで驚くほどの頑固者がいる。
 シャンプーで明らかにアトピーが悪化しているのに、性懲りもなく使用を止めない。
 口を酸っぱくして縷々説明しても止めようとしないのは、無意識層で治したくないタナトスの心理機制が働いているとしか思えない。

 シャンプーをするごとに首の真裏に湿疹が勃発して数日かけて治っていく。しかしながら顔には何の影響もないと本人は言い張るのである。

 バカも休みやすみいいたまえ。

 そこでアトピーが既に寛解して予防的に漢方薬を常用されている人たちにアンケートを取ってみた。
 (1)すなわち、過去にシャンプーが合わなかった経験はあるか?
 (2)あったとしたら、アトピーがどうなったか?

 (1)の経験が合ったという人は、とても多く、その全員が、首の周辺が悪化したのみならず、顔面の痒みが激しくなり、そのシャンプーを中止すると首回りだけでなく、顔の痒みと炎症が軽減したという。

 本来このようなアンケートをとるまでもなく、首に悪影響するシャンプーが、顔のアトピーに悪影響しないはずはない。
 このような常識すら理解できない頑固者が多いのである。

 シャンプーのみならず、髪を染めることが悪化の一因になっていたケースも日常茶飯事。
 合わない石鹸やボディソープもしかり。

 これらの日用品に対する無神経さもアトピーを悪化させている原因の一つであり、即刻中止すべきであるのに、世の頑固者たちは、なかなか性懲りない。
 
 救いようのない連中というべきかっ。

AAAA3154
AAAA3154 posted by (C)ボクチンの母